こんにちは古銭の買取売却査定ナビです。今回は昭和39年に発行された東京オリンピック千円銀貨と百円銀貨の価値と相場について記載していきたいと思います。

東京オリンピック1000円銀貨の価値と相場

東京オリンピック1000円銀貨東京オリンピック1000円銀貨

昭和39年(1964年)に発行された東京オリンピック1000円銀貨です。Y#80で重量は20g、直径35mm、銀の品位92.5%となっており、カタログ価格、発行枚数は下記の通りです。

発行枚数 年号 極美品 完全未使用
 15,000,000枚 昭和39年(1964年) 2500円 4500円

発行枚数が膨大なことから骨董品としての価値は乏しく市場で実際に取引される実勢価格も下記のようにカタログ価格同等レベルとなっております。

業者所在 古銭詳細 取引価格
東京都  完全未使用(NGC MS66) 7500円
愛知県  完全未使用(NGC MS66) 6500円
兵庫県  極美品 1500円
広島県  準未使用 200円
和歌山県  未使用(NGC MS64) 4000円

東京オリンピック100円銀貨の価値と相場

百円硬貨百円硬貨

1964年TOKYOオリンピック百円硬貨です。Y#79で重量は4.8g、銀の品位60%、直径22.5mmとなっており、カタログ価格や発行枚数は下記の通りです。

発行枚数 年号 極美品 完全未使用
 80,000,000枚 昭和39年(1964年) 45円 700円

こちらも発行枚数が多いことから価値はあまり高くなく、状態が良かったとしても1枚当たり200円〜500円程度の価値しかありません。

東京オリンピックの硬貨セットの価値

ケース入り

単品での販売以外に1964年当時、上記のようなオリジナルケース入りの百円と千円硬貨のセットが複数の会社から発売されています。このセットの現存数は少ないのですが、骨董品としての評価は高くなく上記のようなセットでも市場で2000円〜3000円程度の値しかつきません。

ただ、古銭の枚数が多くなれば数万円の買い取り金額となりますし中にはお宝古銭があるかもしれません!!今回の記事が古銭の買取査定価格の参考になりましたら幸いです。