こんにちは古銭の買取売却査定ナビです。今回は江戸期に発行された文政豆板銀の相場や価値について書いていきたいと思います。

文政豆板銀の価値

豆板銀
文政豆板銀です。1820年(文政3年)から1837年にかけて発行された豆板銀で価値が高いです。ヨーロッパのアンティークコインに比べると完成度が低いですがこの頃のものになると品位は安定しており、銀の品位は約0.36となっています。

また、文政に発行された豆板銀は下記のような2種類があり、C#8b.2の品については希少性が高く市場でも高額で取引されています。

カタログ

カタログ価格は下記のようになっており「大字文」タイプの豆板銀のカタログ価格は高額です。

発行年号 発行枚数 古銭詳細 極美品
1820年〜1837年 不明 大字文タイプ以外 約4.3万円
1820年〜1837年 不明 大字文タイプ 約23万円

文政豆板銀と相場

文政豆板銀は国内や海外で売買されていますが中には贋作(偽物)もありますので注意が必要です。この時期の欧州のアンティークコインでは品位が安定しており、さらに重量も的確だったのですが日本では重量にばらつきがありますし、デザインの統一性もありません。そのため贋作を作りやすく現在でも大陸などから贋作(偽物)が国内に流入しているようです。

取引日 取引国 古銭詳細 取引価格
2011年 米国 大字文タイプ以外 準未使用 1780USD(約20万円)
2016年 日本 大字文タイプ以外 美品 5万円
2014年 日本 大字文タイプ以外 美品 2.8万円
2017年 日本 大字文タイプ以外 美品  2.5万円

本物の取引相場は上記のようになっており、高額ですがカタログ価格に比べると安いようです(準未使用、未使用などの状態のものは例外です)。家族にコレクターがいれば別かもしれませんが、一般的な家庭の蔵や実家で見つかるレベルのものは並品程度ですので相場は4000円〜8000円程度、買取価格は3000円〜6000円程度だと思います。

豆板銀まとめ

豆板銀は文政以外にも江戸の初期から江戸中期まで発行があり「慶長豆板銀」「元禄豆板銀」「宝永二ツ宝豆板銀」「宝永永字豆板銀」「宝永三ツ宝豆板銀」「宝永四ツ宝豆板銀」「享保豆板銀」「元文豆板銀」「天保豆板銀」「安政豆板銀」などがあります。どれも重量は一律ではなく真贋が怪しいものが数多く出回っているため真贋が怪しいものについては専門家に鑑定してもらったほうがいいでしょう!