こんにちは古銭の買取売却査定ナビです。今回は大正5年〜大正13年・昭和2年〜昭和13年まで発行された桐紋(桐花紋)一銭硬貨の価値や業者による買取価格について書いていきたいと思います。

大正の桐紋一銭の価値

一銭
大正5年〜大正13年に発行された一銭硬貨です。Y#42で重量は3.75g、直径23mm、素材は青銅となっております。特年は大正5年と大正6年で価値が高くカタログ価格、発行枚数は下記のようになっております。

年号 発行枚数 極美品 未使用
大正5年 約2000万枚 120円 3000円
大正6年 約2700万枚 70円 2500円
大正7年 約1億2000万枚 70円 900円
大正8年 約2億1000万枚 50円 400円
大正9年 約1億2000万枚 50円 400円
大正10年 約2億5000万枚 50円 400円
大正11年 約2億5000万枚 50円 400円
大正12年 約1億5000万枚 50円 400円
大正13年 約1億500万枚 50円  400円

昭和の桐紋一銭の価値

昭和2年〜昭和13年までの間発行された1銭硬貨です。Y#47で重量は3.75g、直径23mm、素材は青銅となっております。特年は昭和2年〜昭和5年までで特に昭和5年の一銭貨は価値が高いです。

年号 発行枚数 極美品 未使用
昭和2年  約2600万枚  250円 3200円
昭和4年 300万枚 1200円 4500円
昭和5年 500万枚 600円 7000円
昭和6年 約2500万枚 100円 1200円
昭和7年 約3500万枚 100円 900円
昭和8年 約3800万枚 100円 200円
昭和9年 約1億枚 100円 200円
昭和10年 約2億枚 50円 150円
昭和11年 約1億1000万枚 50円 150円
昭和12年 約1億3000万枚 50円  150円
昭和13年 約8700万枚 50円  150円

市場で取引される値段

市場で取引される値段としては下記のようになっております。未使用や完全未使用になると市場でも値段がつきますが極美品以下のケースでは特年だとしても1000円以下で取引されることもあります。

古銭詳細 市場価格 買取価格の概算
昭和4年 極美品 1300円 600円〜800円
昭和5年 未使用 5500円 3000円〜4000円
昭和5年 美品 570円 100円〜250円
昭和11年 極美品 110円 10円〜30円

桐紋の一銭青銅貨は全体的に価値が低いですが他の古銭や骨董などと合わせれば、それなりの金額になりますので価値や値段が気になる場合、まずは専門家に査定してもらうと良いでしょう!