こんにちは古銭の買取売却査定ナビです。今回は昭和30年〜昭和33年(1955年〜1958年)に発行された菊穴ナシ50円硬貨の価値と相場について記載していきたいと思います。

菊穴ナシ50円硬貨の価値と相場

菊50円

昭和に発行された菊穴なし50円ニッケル貨です。Y#75で重量5.5g、素材ニッケル、直径24mmとなっておりカタログ価格や発行枚数は下記の通りです。

古銭詳細 発行枚数 極美品 完全未使用
昭和30年 63,700,000枚 150円 1500円
昭和31年 91,300,000枚 100円 1500円
昭和32年 39,000,000枚 150円 1500円
昭和33年 18,000,000枚 250円 2500円

特年は発行枚数の少ない昭和33年で全く傷のない完全未使用の場合、6000円〜15000円程度の値段で取引されることがあります。一方、極美品〜準未使用では希少性は低く、100円〜200円程度の価値しかありません。

まとめ

昭和に発行された菊穴なし50円硬貨以降に発行された物で価値の高い古銭につきましては「昭和62年・昭和35年の特年50円硬貨の価値と相場」で掲載しています。

昭和後期〜平成時代に発行された50円では昭和62年を除くとプルーフだとしても骨董としての価値は無く、額面どおりの価値で取引されるのが一般的です。今回の記事が古銭の買取査定価格の参考になりましたら幸いです。