こんにちは古銭の買取売却査定ナビです。今回は古い硬貨や旧札の換金方法について記載して行きたいと思います。古銭の換金方法は大きく分けて2つの方法があります。一つ目の方法としては買取業者に買い取ってもらう方法です。一般的に骨董品(アンティーク)としての価値が高いものでは額面価格よりも高額で買い取ってもらう事ができるため業者による買取をお勧めします。

もう一つの方法としては骨董品としての価値が無い古銭や旧札を日本銀行で換金する方法です。すべての古いお金が換金できるわけではありませんが下記のような旧札(銀行券)や貨幣(硬貨)は日本銀行へ持っていけば現在のお金に換金してくれます。

日本銀行で換金可能な古いお金

古いお金の換金

現在発行されていない古いお金で換金可能なものは下記の通りです。旧札(古紙幣)については1円札を中心に額面以上の価値があるものが多いので日本銀行での換金はお勧めしません。

古銭については価値が高いものは少ないのですが、古銭買取業者による買取の方が高価格で換金できると思います。まずは、買取業者に査定や鑑定をしてもらい、万が一額面以下での買取となってしまった場合、日本銀行で換金することをお勧めします。

専門家が選ぶ古銭の買取業者一覧はこちら

 

500円硬貨

500円硬貨の価値と相場

昭和57(1982)年に発行開始した500円硬貨です。図柄:桐、素材:銅75%、ニッケル25%、直径:26.5mm、重量:7.2gとなっており、発行枚数が膨大なため価値は乏しいです。唯一価値があるのは昭和62年(特年)発行のものですが完全未使用でも1枚1000円程度が相場です(日本のカタログ価格は完全未使用で2500円)。

専門家が選ぶ古銭の買取業者一覧はこちら

買取業者による古いお金の換金方法

骨董品としての価値がある古いお金は買取業者に売却することをお勧めします。売却方法には下記の3種類(持込買取、宅配買取、出張買取)が存在します。個人的には10万円以上の価値のある古銭や古紙幣の場合、紛失やすり替えなどのリスクの無い「持込買取」か「出張買取」をお勧めします。

持込(店頭)買取

お店に古銭や古紙幣を持ち込んで買取・換金してもらう方法です。目の前で鑑定してもらえるため、高額古銭や高額古紙幣の場合、安心して依頼することができます。東京などの大都市ならば電車での移動圏内に複数の買取専門店が乱立しているため相見積もりも可能です。

一方、地方だと古銭や古紙幣の買取専門店が無い場合やあったとしても専門知識を持ち合わせていないケースがほとんどです。地方の骨董店では小さな個人店で様々な骨董品を幅広く取り扱っていることがほとんどのため、希少な古銭や古紙幣の価値についての知識が不足しているケースが多いです。

メリット

持込買取メリット

  • お出かけの『ついで』で鑑定してもらえる
  • 古くからある買取方法ならではの『安心感』がある
  • 買取店舗が密集してる地域だと『査定巡り(相見積もり)』が可能

 

デメリット

持込買取デメリット

  • 買取業者側のコストが高いため買取額の限界が低い
  • 東京以外の地方だとそもそも古銭や古紙幣の買取店舗自体が存在しない
  • 東京以外の地方だと買取店舗が少ないので『査定巡り(相見積もり)』に手間がかかる
  • 金額の安い古銭や古紙幣の場合、査定してもらうための電車賃やコインパーキング代の方が高くなってしまう事がある

宅配買取

宅配買取ではホームページに住所や名前などの必要事項を入力し申し込みを行います。その後、自宅に査定依頼書などの書類と段ボールが届きますので、それらの書類と免許証や保険証のコピーを指定された日時、場所に送り査定の申し込みをします。

メリット

宅配買取メリット

  • 人と会わなくて済む(気をつかわなくてイイ)
  • 空いた時間に手続きできるので片手間でできる
  • 対面式で無いため買取を断りやすい
  • 出張査定や持込査定に対応していない地域でも利用できる

 

デメリット

宅配買取デメリット

  • すぐに現金化しにくく、何かと手間がかかる
  • 高価な古銭や旧札だと紛失やすり替えが心配
  • 相談や質問、買取価格交渉をその場でできない
  • 高値がついた古銭だけ買取など臨機応変な対応が困難

出張買取

東京都以外の地方ならばもっともお勧めできる買取方法です。電話やお問い合わせフォームへ必要事項を入力し早ければ当日中に専門の査定員が自宅まできてくれます。

メリット

出張買取メリット

  • 申し込みから現金化までの時間が短い
  • 東京以外の地方でも対応している地域が多い
  • その場でプロの査定員や鑑定士に相談することができる
  • 高額な古銭や旧札を持ち運びせず査定してもらえる

 

デメリット

出張買取デメリット

  • よくわからない小さな個人店などに依頼すると少し怖い
  • 持込買取・宅配買取と同様に時間が拘束される
  • 出張で来てもらうので少し断りにくい

古いお金の換金方法まとめ

いかがだったでしょうか?買取業者にとって、もっともコストがかかるのは店舗を必要とする持込買取で、持込買取のみしか対応していない業者では買取価格が安いことが多いです。一方、事務所のみで対応可能な出張買取や宅配買取については業者にとってランニングコストを低く抑えることができるため、買取価格が高くなるケースが多いです。

個人的にもっともお勧めなのは出張買取ですが一人暮らしの女性のなどの場合は少し不安だと思います。私が知る限り買取プレミアムでは日本で唯一、女性査定員を選択することができるので女性でも安心して査定を依頼することができます。今回の記事が古銭・古紙幣の換金方法の参考になりましたら幸いです。