こんにちは古銭の買取売却査定ナビです。今回は昭和32年〜昭和41年にかけて発行された鳳凰百円銀貨と稲穂百円銀貨の価値と相場について記載していきたいと思います。

稲穂百円銀貨の価値と相場

稲穂100円銀貨

昭和34年〜昭和41年に発行された稲穂100円硬貨です。Y#78で重量4.8g、直径22.5mmとなっており、発行枚数やカタログ価格は下記の通りです。

古銭詳細 発行枚数 極美品 完全未使用
昭和34年 110,000,000枚 500円 900円
昭和35年 50,000,000枚 500円 1200円
昭和36年 15,000,000枚 500円 1200円
昭和38年 45,000,000枚 500円 1200円
昭和39年 10,000,000枚 600円 1200円
昭和40年 62,500,000枚 500円 700円
昭和41年 97,500,000枚 500円 700円

カタログ価格が特別高い年号(特年)はありませんが、発行枚数が最も少ない昭和39年銘が一般的に最も高額で売買されています。実勢価格(市場で実際に取引される価格)は未使用〜完全未使用の場合、300円〜800円程度となっており、カタログ価格より若干安価での取引が一般的です。

鳳凰百円銀貨の価値と相場

鳳凰銀貨

昭和32年〜昭和33年に発行された鳳凰100円銀貨です。Y#77で重量4.8gとなっており発行枚数やカタログ価格は下記の通りです。

古銭詳細 発行枚数 極美品 完全未使用
昭和32年 30,000,000枚 500円 1200円
昭和33年 70,000,000枚 500円 1000円

カタログ価格は稲穂100円銀貨と変わりませんが実勢価格は鳳凰100円銀貨の方が高く、完全未使用の場合3000円〜の金額で取引されることもあります。今回の記事が古銭の買取査定価格の参考になりましたら幸いです。