こんにちは古銭の買取売却査定ナビです。今回は明治の一円(一圓)銀貨の価値や業者による買取価格について記載していきたいと思います。明治の一円銀貨の贋作(偽物)でよくあるタイプが重量が24g〜25g程度しか無い軽いタイプです。この重量が軽い贋作(偽物)は昭和頃に数多く出回り、現在でも市場にて流通しているので購入時には重量を計測するようにした方がいいでしょう!

明治の一円銀貨の価値

円銀貨
明治3年に発行された1円銀貨(旧一円銀貨)です。発行枚数は3,685,049枚で重量は26.95g、直径38.5mm、銀の品位は0.900となっております。

明治の円銀

上記のような円(圓)の筆跡が異なるタイプ(type1, type2, type3)によってカテゴリー分けされており、Y#5.1〜Y#5.3の3種類があります。

種類 美品 極美品 未使用
Type1 約4.3万円 約5.75万円 約9.8万円
Type2 約5.75万円 約8万円 約11.5万円
Type3 約6.9万円 約19万円 約26万円

各タイプのカタログ価格価格上記のようになります。発行枚数は全て合わせて3685049枚で数多くが発行されていますがType3の現存数は少なく希少性が高いためカタログ価格、買い取り価格も高額です。

ONE YENの一圓銀貨の価値

明治1円銀貨

一円銀貨は先ほど見たタイプ以外にONE YEN表記のタイプ(新一円銀貨:Y#A25.1〜25.3)があります(画像は明治8年の特年タイプ)。全体での発行枚数は非常に多く、市場で見かける1円(一圓)銀貨はこのタイプの方が多いと思います!

Y#A25.2のもっとも大型のタイプは明治7年〜明治20年まで発行されました。重量は29.96g、直径38.6mm、銀の品位は0.900となっておりカタログ価格は下記の通りです。カタログは国際的な相場が判る米国のものを使っています、そのためカタログの種類によって下記と若干異なる価格の可能性があります。

年号 美品 極美品 未使用
明治7年  12万円 21.5万円 50万円
明治8年  60万円  100万円 165万円
明治11年 5万円 8万円 25万円
明治12年 19万円 29万円 65万円
明治13年 1.75万円 3万円 10万円
明治14年 2.25万円 3.5万円 11万円
明治15年 1 万円 2万円 7.5万円
明治16年 1.25 万円 2.25万円 8.5万円
明治17年 1.75万円 3万円 9.5万円
明治18年 1.25万円 2万円 8.5万円
明治19年 1.25万円 2万円 8.75万円
明治20年  2.25万円 3.25万円 14.5万円

Y#A25.1(直径38.6mm)とY#A25.3(直径38.1mm)につきましては重量26.96g、銀の品位0.900となっており、カタログ価格は下記の通りです。

 年号 美品 極美品 未使用
 明治7年(Y#A25.1) 13万円 23万円 50万円
明治19年(Y#A25.3) 9万円  17.5万円 40万円
明治20年(Y#A25.3) 0.75万円 1.5万円 8.5万円
明治21年(Y#A25.3) 0.5万円 0.75万円  4.75万円
明治22年(Y#A25.3) 0.45万円 0.65万円 2.75万円
明治23年(Y#A25.3) 0.45万円 0.65万円 2.75万円
明治24年(Y#A25.3) 0.32万円 0.5万円 2万円
明治25年(Y#A25.3)  2万円 4.25万円 15万円
明治26年(Y#A25.3) 0.35万円 0.55万円 3.75万円
明治27年(Y#A25.3) 0.32万円 0.5万円 2.75万円
明治28年(Y#A25.3) 0.28万円 0.45万円 1.75万円
明治29年(Y#A25.3)  0.28万円 0.45万円 1.75万円
明治30年(Y#A25.3)  0.32万円 0.5万円 1.85万円

明治25年につきましては2タイプあり高い方を掲載しています。安い方は明治26年とほぼ同一の価格帯です。

もっとも多く市場で取引されるのがカタログ価格が極美品=約5000円の明治21年以降の一円銀貨で取引相場はカタログ価格と同等水準の3000円〜4000円、買取価格は1500円〜3000円程度となっております。

一円銀貨についても残念ながら贋作(偽物)が多く出回っていますので購入時はもちろん売却時も注意した方がいいでしょう!初めの方でも書きましたが一般的に重量が軽い場合が多いのですが、最近では重量が重いタイプもあります。種類によって重量が若干異なりますので今回の記事を参考に真贋の見極めをすると良いでしょう。