こんにちは古銭の買取売却査定ナビです。今回は明治に発行された新10円(十圓)金貨の相場や価値について書いて行きたいと思います。なお、旧10円金貨につきましてはこちらの「旧10円金貨と旧20円金貨」で記載を行っております。

明治の新10円(十圓)金貨の価値

明治の新10円金貨

明治に発行された新10円金貨です。Y#33で明治30年〜明治43年まで発行が行われました。重量は8.333g、金の品位は0.900、直径21.21mmとなっており発行枚数は合計で約2000万枚となっております。旧10円金貨と比べると半分の大きさになっており、小柄な金貨となってしまいました。

特年は明治37年と明治40年、明治43年にあり明治43年(発行枚数8982枚)のものが段違いで希少性が高いです。そのため明治43年の新10円金貨は市場に出てくれば100万円以上の値で取引されます。

取引日 古銭詳細 カタログ価格 取引価格
2016年 明治42年 NGC MS65 完全未使用=約9.5万円 20万円
2017年 明治41年 財務省放出 極美品 極美品=約6万円 18万円
2017年 明治40年 財務省放出 美品 美品=約5万円 17.7万円
2016年 明治42年 財務省放出 美品  美品=約5万円  10.5万円

上記は新10円金貨のカタログ価格と市場価格です。財務省放出の極美品と美品についてはコインをよく見させていただきましたがNGCやPCGSなど国際的な鑑定機関ならばMS(未使用)〜完全未使用のグレードがつくコインなのでカタログ価格に比べると高額での売買となっています。

そのため、鑑定されていない裸の新10円金貨の買取価格は未使用で5万円〜12万円、極美品で3万円〜6万円程度だと考えられます。