こんにちは古銭の買取売却査定ナビです。今回は希少価値が高い10銭硬貨について記載していきたいと思います。10銭硬貨は様々な種類のものが発行されていますが価値が高いものは少なく、ほとんどのものは数百円程度の市場価値しかありません。下記は市場にて1万円以上の価格で取引される古銭で、高いものだと数十万円〜数百万円の値がつきます。

旭日竜10銭銀貨

明治三年旭日竜10銭銀貨明治三年旭日竜10銭銀貨

明治3年に発行された旭日竜10銭銀貨です。Y#2で重量は2.5g、直径17.6mm、発行枚数6,102,674枚となっており、鱗が明瞭なタイプ(deep scales)と明瞭でないタイプ(shallow scales)が存在しカタログ価格は下記の通りとなっております。

タイプ 美品 極美品 未使用
不明瞭鱗 3000円 5000円 17500円
明瞭鱗 4500円 7500円 27500円

また、実勢価格(市場価格)としては下記のような金額で取引されており、買取の場合、市場価格の5割〜8割程度での買取となることが一般的です。

業者所在 状態 取引価格
東京都 極美品 明瞭鱗 10500円
神奈川県 完全未使用 明瞭鱗 32600円
大阪府 完全未使用 不明瞭鱗 31000円

竜十銭銀貨

竜十銭銀貨竜十銭銀貨

明治6年〜明治39年まで発行された10銭銀貨です。Y#23、重量2.7g、直径17.6mmとなっており、下記のように明の字のタイプによって2種類が存在します(明治6年と明治8年のみ)。

明

希少性が高いのは明治13年、明治34年、明治35年で下記のように発行枚数が少なくカタログ価格は高額です(特に明治13年の希少価値は抜群です!!)。

年号 発行枚数 極美品 未使用
明治13年 77枚 200万円 350万円
明治34年 約80万枚 1.6万円 9万円
明治35年 約120万枚 1.3万円 9万円

その他で希少性が高い年号は明治6年(TypeⅡ)、明治7年、明治8年(TypeⅡ)、明治24年、明治25年、明治27年、明治33年で、状態が良ければ市場での取引価格は1万円以上となります。

旭日10銭銀貨

旭日10銭銀貨旭日10銭銀貨

明治40年〜大正6年にかけて発行された旭日10銭銀貨です。希少性が高いのは完全未使用クラスの状態の古銭のみで極美品だと数百円〜千円程度の価値しかありません。関連記事として「大正の10銭銀貨(大正元年〜大正6年)の価値」でも上記古銭の市場価格や価値について記載しています。

昭和20年10銭硬貨(陶貨)

昭和20年10銭陶貨昭和20年10銭陶貨

昭和20年に発行予定だった10銭貨です。希少性が高いのですが市場では贋作(偽物)も出回っています(上記は本物です)。KM#112で重量は2.00g、直径21.9mmとなっとり、贋作(偽物)は重量が異なるケースが殆どです。

カタログ価格は下記のように高額で市場でも4〜6万円程度の金額で取引されております。

極美品 未使用 完全未使用
7.5万円 10万円 13.5万円

なお、同じく昭和20年と昭和21年に発行された下記の10銭硬貨(アルミ貨、Y#68、重量1.00g)は希少性は高くなく状態が良いものでも100円程度の価値しかありません。

10銭硬貨10銭硬貨

10銭貨まとめ

10銭貨で価値が高いのは上記の通りです。ただ、上記以外でも状態が良いものの場合、一枚数千円になるものも存在しますので価値が気になる古銭がありましたら無料査定などを上手に使い査定してもらうと良いでしょう!今回の記事が古銭の買取査定価格の参考になりましたら幸いです。