こんにちは古銭の買取売却査定ナビです。今回はあなたの財布の中にも入っている10円玉で価値のある物について記載して行きたいと思います。10円玉は昭和26年から発行されマイナーチェンジされながら、ほぼ同じデザインで今日まで発行が続いています。

価値のある特年10円玉

ギザ十ギザ十

一般的な十円玉で価値があるのは、いわゆるギザ十と呼ばれる「昭和26年・昭和27年・昭和28年・昭和29年・昭和30年・昭和32年・昭和33年」のタイプとギザがない「昭和34年・昭和35年・昭和36」年のものです。

これ以外に一般の方には知られていませんが昭和26年に下記のような未発行10円玉(穴銭 洋銀貨)が存在します。この十円洋銀貨は製造を始めてから3か月後の昭和25年6月25日に朝鮮戦争が勃発して、ニッケルの価格が急騰したことにより製造は打ち切られ幻の通貨となりました。

穴銭洋銀貨穴銭洋銀貨

カタログ価格と発行枚数

価値のある10円玉はY#73(ギザ十)とY#73a(ギザなし)で重量は共に4.5g、直径23.5mm、素材:青銅となっておりカタログ価格、発行枚数は下記の通りです。

古銭詳細 発行枚数 極美品 完全未使用
昭和26年(未発行 穴銭) 不明 不明 不明
昭和26年(ギザ十)  約1億100万枚 35円 15000円
昭和27年(ギザ十)  約4億8600万枚 35円 4000円
昭和28年(ギザ十)  約4億6600万枚 35円 4000円
昭和29年(ギザ十)  約5億2000万枚 35円 5000円
昭和30年(ギザ十)  約1億2300万枚 35円 5000円
昭和32年(ギザ十)  約5000万枚 65円 10000円
昭和33年(ギザ十)  約2500万枚 100円 11500円
昭和34年(ギザなし)  約6200万枚 20円 6000円
昭和35年(ギザなし)  約2億2500万枚 20円 4500円
昭和36年(ギザなし)  約2億2900万枚 20円 4000円

実勢価格

実勢価格については昭和26年はカタログ価格よりも高額で取引される傾向があり、下記のように状態が素晴らしいものは10万円を超える金額で取引される事があります。

業者所在 古銭詳細 取引価格
埼玉県 昭和26年 ギザ十 完全未使用+ 129000円
千葉県 昭和26年 未発行 洋銀貨 完全未使用 320000円
神奈川県 昭和27年 ギザ十 未使用 11000円
滋賀県 昭和33年 ギザ十 完全未使用+ 38000円
京都府 昭和34年 ギザなし 完全未使用+ 27000円
大阪府 昭和33年 ギザ十 未使用 4000円

十円玉の価値まとめ

いかがだったでしょうか?一般的に財布に入っている10円玉は状態が良くても美品や極美品程度なのでギザ十だとしても額面程度の価値しかありません。しかし、非常に状態の良いギザ十は年号によっては10万円を超える金額で取引される事があります。今回の記事が古銭の買取査定価格の参考になりましたら幸いです。