こんにちは古銭の買取売却査定ナビです。今回は宝永7年4月15日(1710年)に通用開始された宝永小判金(1両)の価値について記載していきたいと思います。なお、画像につきましてはレプリカや贋作(偽物)の画像ではなく本物の画像を使用していますので真贋が気になる宝永小判金を購入するときの参考にして頂けると幸いです。

宝永小判金の価値

宝永小判金宝永小判金

宝永7年に通用開始された宝永小判金です。乾の字が打刻されていることから乾字小判(乾字金)と呼ばれることもあります。FR#11で重量は9.34g(9.37g)、金の品位0.834(0.8429)となっており表面には鏨(たがね)による茣蓙目が刻まれています。

大変希少な小判ということもあり市場に出回ることは稀、出回ったとしても殆どが贋作です。カタログ価格や発行枚数は下記のようになっており、発行枚数は多いのですが現存数は少ないです。

発行枚数 並品 美品 極美品
1,1515,000枚 約60万円 約80万円 約120万円

実勢価格(市場価格)

市場価格については贋作による取引は無視し、真贋がはっきりした本物の取引価格のみを掲載しました。

業者所在 古銭状態 取引価格
米国 美品 約110万円
神奈川県 美品 85.2万円
大阪府 美品 123万円
兵庫県 美品 80.8万円

取引価格は高額でカタログ価格に比べると若干高い金額で取引されており希少価値が高いことが伺えます。また、取引価格の推移を見てみると日本の古銭では珍しく値上がり傾向となっております。

まとめ

江戸期の小判については発行枚数が多かったとしても本物ならば安くても数十万円の価値があるものが殆どですのでお手元に価値が気になる古銭がありましたら専門家に査定してもらうと良いでしょう!今回の記事が古銭の買取査定価格の参考になりましたら幸いです。